公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Switcoin(スウィフトコイン)」アメリカ発の仮想通貨のクロスチェーン交換プラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Switcoin(スウィフトコイン)」は主にアメリカで展開される仮想通貨のクロスチェーン交換プラットフォームです。

ブロックチェーンを利用して従来の取引所よりも安全で早く、何より安く通貨の交換ができるのが特徴です。

「Switcoin(スウィフトコイン)」の概要

通貨名/通貨単位Switcoin/SWFTC
公開日2017年10月
最大発行数10,000,000,000 SWFTC
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://www.swft.pro/
公式ツイッターhttps://twitter.com/swftcoin
公式テレグラム
購入可能取引所OKEx,DragonEX,Huobi Global,HitBTC

「Switcoin(スウィフトコイン)」は別々のブロックチェーン同士をつなぎ合わせるクロスチェーンという仕組みを用いて、仮想通貨交換を行うプラットフォームです。

従来の仮想通貨取引所に比べで、コストが安くかつスピーディーに取引を行うことができ、徐々に投資家の認知度も上がってきています。

仮想通貨だけではなく、各種法定通貨との交換も簡単で、独自トークンを利用すれば利用手数料はたったの0.05%です。

仮想通貨の大暴落の際に価格を落としてしまいましたが、以前は仮想通貨取引量ランキングでも100位圏内を維持していた銘柄であり、今後の展開に注目が集まります。

「Switcoin(スウィフトコイン)」の特徴

swftブロックチェーン

「Switcoin」は仮想通貨を使って従来の決済方法ソリューションをもたらそうとするプロジェクトの総称です。

仮想通貨だけではなく従来のデビットカードのような仕組みや、後述するスウィフトペイと呼ばれるアプリを使った支払い集約プラットフォームを構築しています。

プロジェクトの目的は仮想通貨等をより決済に使いやすい環境を作り、私たちが普段行っている買い物等の支払いをより便利にする仕組みを作ることです。

公式サイトでは中国、アメリカ、イタリア、日本の言語に対応したローカライズなども行われており、非常に広い利用者を想定したプラットフォームだということがわかります。

swft pay

「Switcoin」では専用のアプリケーションを使った支払いツール「SwitPay」を提供しています。

「Switcoin」はスマートフォンなどのデバイスを使って決済を円滑にするだけでなく、仮想通貨取引なども行うことができるアプリです。

公式サイトによると下記のようなことができると記載されています。

・ソーシャルメディアでの決済
・QRコードを使った決済
・eコマース等での決済
・swft pay APIへの簡単アクセス
・red packetの利用

様々な媒体での決済が1つのアプリでできると言うのは非常に魅力的ですよね。

海外送金や資産借用等、今後も様々な機能を追加していく予定としています。

有名企業や投資家とのパートナーシップ

「Switcoin」では様々な企業、仮想通貨取引所、メディア媒体、分散型アプリケーション直とパートナーシップを結び、ブロックチェーン技術を用いた新規アプリケーションの開発などを行っています。

画像

プロジェクトが中国発と言うこともあり取引所やメディア媒体は中国のものが中心です。

現場日本の企業は参加していませんが、今後は複数の多国籍企業や、海外の企業ともパートナーシップを結様々な展開を行っていくとしています。

「Switcoin(スウィフトコイン)」まとめ

今回は既存の仮想通貨決済のソリューションとなる間の展開を行っている「」をご紹介してきました。

今や中国系企業の躍進は様々な分野が注目しており仮想通貨に関しても、今後は業界に何か進展を起こすような仕組みが生まれるかもしれませんね。

仮想通貨の決済は現場世界的にまだ不便と言う認識が広がっているので、プロジェクトの今後の展開に期待しましょう。