公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

伊名門サッカークラブASローマ、仮想通貨導入でサポーターと連携強化

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. イタリアの名門であるASローマが、仮想通貨を導入。
  2. クラブ施設の命名にかかわる投票や、限定商品の購入などに使える。
  3. サッカー業界ではユヴェントス、パリ・サンジェルマンなどが仮想通貨を導入している。

仮想通貨導入でクラブ経営に関与、できることが増えるサポーター

イタリア、セリエAのサッカークラブ「ASローマ」は18日、プロチームとファンが交流できるブロックチェーン基盤アプリ「ソシオス(Socios)」への参加を明らかにした。

ASローマは日本の中田英寿選手も所属した、イタリアの名門クラブだ。

公式トークンは、クラブ施設の命名などの投票企画、限定商品の購入などに使える。クラブにとってもサポーターにとってもメリットがあり、連携を強化するものである。

dai06

Sociosに参加するセリエAのチームとしてはユベントスに続いて2チーム目。

サッカー業界でも着々と仮想通貨が広まりつつある。過去には選手の移籍金に仮想通貨が使われることもあった。

dai06

またソシオスのネイティブトークンであるCHZと交換ができる。

(中略)

CHZを発行するチリーズは5月、仮想通貨取引所バイナンスの独自ブロックチェーンと提携した。

チリーズはその地盤を着々と固めている。

名門クラブの参入は、その他の中小クラブの参入も後押しするかもしれない。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/asrome-will-launch-official-token-collaborate-with-socios