公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

ハードフォーク予定のPacCoinに大注目! 暴騰の期待高まる

この記事は、ミックラックさんから寄稿頂きました。

数ある草コインの中で、PacCoin(パックコイン)はかなりの注目を浴びています。Twitterやその他の掲示板を見ますと、安いのでボランティア感覚でとりあえず買ってみる、爆発的な値上がりが期待できる、などが書かれています。この動機はPacCoinだけでなく、他の取引量が高い草コインにも言えることです。

しかし、PacCoinは暴騰する要素があり、その根拠を信じて、PacCoinに投資するという人が絶えません。ここでは、PacCoinとは、どのような仮想通貨なのかについて、今後の価値や将来性の有無などについて、解説していきます。

PacCoinがどういうものなのかを知ろう

実はインターネット上やSNSなどで、PacCoinに好意的なユーザーがいる一方、嫌うユーザーがいます。好きか嫌いかは別として、まずはPacCoinとはなにかを知ることから始めましょう。

PacCoinの概要

PacCoinは、コインにPの頭文字が入ったシンプルなデザイン。特徴は取引量の多さです。今までは単なるネタコインとして、あまり注目されておらずボランティア的な感覚で大量購入したという人はいましたが、開発チームが変わった瞬間 取引量が多くなり、爆発的な値上がりに繋がったとされています。

PacCoinのスペック

通貨記号PAC
公開日公開日
供給上限無限(現時点で)
発行枚数約3兆枚
マイニング方式SHA256(ビットコインと同じ)
開発者開発チームの存在は明確にされているが、現時点で名前は不明

マイニング方法の特徴は、PACデスクトップウォレットにPacCoinを100枚以上入れるだけで掘ることが可能というところ!簡単に言うと、ウォレットにPacCoinをたくさん入れれば入れるほど、たくさん掘ることが可能ということですね。

今後の予定に大注目!

  • 2018年2月1日:フルロードマップの公開
  • 2018年3月1日:PacCoin2.0の公開
  • 2018年3月1日:PacCoinのハードフォーク

情報筋によると、約3兆枚に達した供給量が30億枚に削減するらしく、爆発的な値上がりが期待できる一方、その分のギャンブル性が高くなるというリスクがあります。加えてアップデートされるようなので、世界中の仮想通貨ユーザーは大きな期待を寄せています。

現時点での価値

現在の相場は日本円にして0.01円前後となっており、1円で100枚買える程度です。値上がりが期待できるのなら、安いうちに大量購入しようというのが、人間の心理でもありますよね。現在は供給量が無限で大幅な値上がりは期待できませんが、それがかえって価格の安定に寄与しています。

しかし、何らかのイベントや発表などがあれば、大幅な値上がりは期待できるかもしれませんが、2月になってどのような状況になるのかについては、不明といったところです。

関連リンク集

公式サイト:https://paccoin.net/
※日本語表記対応

Twitterアカウント:https://twitter.com/PACcoinOfficial

Facebookアカウント:https://www.facebook.com/PacCoinnet-Developers-154089945202759/

ホワイトペーパー:なし

ソースコード:https://github.com/PaccoinCommunity/Paccoin

CoinGecko (チャート):https://www.coingecko.com/en/coins/paccoin

Twitterではこんな声も…

「良い!」と思うポイント

コミュニティが強いのが特徴

PacCoinのTwitterフォロワー数はすでに2万超。常にPacCoinに関する情報が賑やかに飛び交っています。さらに2月にはフルロードマップが公開され、3月にはPacCoin2のバージョンアップと、PacCoinのハードフォークが行われることになっています。

どれもこれも値上がりの要素が多い上、現時点で安く購入できるのが魅力といっても過言ではありませんね。この流れに乗って保有資産をさらに増やそうと考えて投資する人は、全世界でたくさんいると言うことですね。

「悪い↓」と思うポイント

ホワイトペーパーがない (2月1日に公開済)

ホワイトペーパーは、仮想通貨の報告書または公文書で、ICOでは投資を呼びかけるためにほとんどが掲載されています。

過剰な期待を寄せ過ぎる

過剰な期待を寄せ過ぎるのがなぜ悪いことなのかというと、過剰な期待を持って莫大に投資することが大きなリスクだと考えられるからです。それで値上がりして儲かれば幸いですが、反対に値下がりすると、思わぬ損を被る可能性があります。損を最小限に抑えるには、損切りを覚えることが必須です。

取引量が多いのは投資する価値があると認識しても良いのですが、仮想通貨自体の情報を収集してから投資したほうがいいと言えるでしょう。

総合した主観

24時間の取引量や今後の予定を照らし合わせると、値上がりが期待できる一方、大暴落というリスクを常に抱えていると思います。供給量が30億枚に激減すれば、現在の価格はどのようになるのか、取引量が維持または上昇されるのか、または下落するのかなど、気になる要素が多いですね。

PacCoinの買い方は?

とりあえず損しても問題ない額からPacCoinを買って、それから判断するという方法は、リスクを最小限に抑える基本的な方法だと言えます。PacCoinはどこで買えるのでしょうか。

PacCoinを扱っている取引所はココ!

  • YoBit (DOGEコインで購入可能)
  • TradeSatoshi (DOGEコインで購入可能)
  • クリプトピア (ビットコインのみ)

YoBitとTradeSatoshiはDOGEコインで購入することは可能ですが、クリプトピアの場合、ビットコインのみとなっており、以前はDOGEコインとライトコインで購入することはできたのですが、取引量が過剰になってパンクし、現在はこの2つの仮想通貨で、PacCoinを買うことができなくなりました。

YoBitはBTC、USD、ETH、DOGE、TradeSatoshiはUSDT、DOGE、LTC、BCHと、それぞれの仮想通貨でPacCoinを購入することが可能。とくにPAC/DOGEのほうが流動性は高く、DOGEで取引するユーザーが多いのが証拠でもあります。

国内取引所を開設する

PacCoinを扱っているのは海外の取引所なので、国内取引所の口座を最初に開設することから始めます。詳細の説明は省きますが、とくにおすすめなのが、Mr.Exchangeです。理由は、DOGEコインを扱っているだけでなく、増やしたDOGEコインを戻すのに、重要な存在となるからです。

PacCoin のチャートと将来性

チャートを見ると、0.01円以下になっていますが、すぐに上昇すると予想できます。将来性については、コミュニティが活発になっているなど期待は持てるのですが、明確な目的を発表されれば、さらなる期待は持てるかもしれません。例えば、新たなる事業を展開するためだとか、貧困に苦しむ子供達の支援やボランティア活動の資金を調達するためなど、様々です。

しかし、一時的に価値が上昇しても、後から急落する可能性があり、仮にそうなってしまった場合は、PacCoinの価値が無意味になってしまうというリスクを持っています。リスクについては、重要なことなので何度も触れていますが、大暴騰の先に大暴落が待っていることを理解しましょう。

PacCoinの今後に注目である

PacCoinを好む人と嫌う人がいるとはいえ、それらに関係なく、もっとも注目される仮想通貨、草コインであるのは間違いありません。色々と値上がりする要素が多いので、値上がりに対する過剰な期待を寄せて、PacCoinを購入して流れに乗ろうとする人は続々と現れてきます。

この先、PacCoinがどのような仮想通貨になるのかは現時点でわかりませんが、結果はどうであれ、注視する必要があると言えるでしょう。