公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Measurable Data Token(メジャーエイブルデータトークン)」データを自由に管理して収益化もできるプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Measurable Data Token(メジャーエイブルデータトークン)」は、データ保管と共有・収益化を目的としたプラットフォームです。

匿名データを収益性の高いデジタル資産として安全に管理し、利用者に適切な収益が配分される環境作りを目指します。

「Measurable Data Token(メジャーエイブルデータトークン)」の概要

通貨名/通貨単位Measurable Data Token/MDT
公開日2017年8月
最大発行数1,000,000,000 MDT
ホワイトペーパーhttps://mdt.io/?ref=mdt.co
公式サイトhttps://mdt.io/?ref=mdt.co
公式ツイッターhttps://twitter.com/MeasurableData
公式テレグラムhttps://t.me/measurabledata
購入可能取引所 Bancor Network,DigiFinex,FCoin,Gate.io,OKEx

「Measurable Data Token(メジャーエイブルデータトークン)」は、ブロックチェーン技術を用いて適切なデータ管理を行い、そのデータが利用された時に収益化できるプラットフォームです。

様々な分野のクリエイターが作ったコンテンツや、キュレーションメディア、プログラムなど、その対象は多岐にわたります。

独自トークン「MDT」はプラットフォーム内で支払われる報酬に使われる他、プラットフォーム内のサービス利用、イベント後が開催されたときの参加権としての役割を持ちます。

取り扱われるデータはブロックチェーンによる分散管理によって匿名な状態でも安全な管理をすることが可能で、すでに世界中で1000万人のユーザーを持つと言われるE mail messenger(Eメールメッセンジャー)などで利用されています。

今回はそんな「Measurable Data Token」について具体的にご紹介していきたいと思います。

「Measurable Data Token(メジャーエイブルデータトークン)」の特徴

データ管理と収益化

「Measurable Data Token(メジャーエイブルデータトークン)」は現在私たちが利用している様々なデータを収益化することができるプラットフォームです。

動画、画像、文章などのデータは現在でも価値のあるデータとしていろいろな人が収益化を行っていますが、収益化するまでの流れが困難であったり、匿名性が欠けているとその価値が薄れることによって、市場に参入しても少ない収入しか稼ぐことが出来ないクリエイターが多いのも事実です。

「Measurable Data Token」ではブロックチェーン技術を用いて、データの所在や著作権を常に明らかにします。

これにより匿名データであってもその価値が担保され、簡単に収益化することができます。

独自トークンMDT

「Measurable Data Token」発行する独自トークン「MDT」は、ユーザー、データプロバイダー、およびデータ購入者を結び、常にデータの価値を保障する分散型データ交換エコシステムです。

主な役割はデータの価値をトークンによって可視化することと、プラットフォーム内で利用される決済手段としての役割です。

利用者はプラットフォーム上にデータをアップロードすると、そのデータが不正なものでないか検証され、承認が降りると直ちにブロックチェーン上に書き込まれます。

需要などに応じてそのデータの価値が決定され、トークンにする事ですぐに収益化することが可能です。

ウォレットアプリ「My MDT」

「Measurable Data Token」では独自のウォレットアプリMy MDTをリリースしています。

My MDTは収益化したデータを保管する専用ツールとしての役割を持ちます。

もし収益化したデータが誰かに使われると、その都度ウォレット内に報酬が入る仕組みになっており、利用者が行う登録等の処理は実質的にこのMy MDTの登録のみです。

複数のデータを収益化している場合、このウォレットによって簡単に可視化することもできるので非常に便利です。

「Measurable Data Token」まとめ

今回は様々なデータをトークン化することができる「Measurable Data Token」をご紹介しました。

利用者が増えればどんどんデータの価値が上がるので、非常にユーザーフレンドリーなプロジェクトといえます。

今後どの展開を行っていくのか非常に楽しみですね。