公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「HedgeTrade(ヘッジトレード)」仮想通貨の取引知識を共有できるプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「HedgeTrade(ヘッジトレード)」は利用者同士で仮想通貨取引の知識を共有するプラットフォームです。

利用者は専用のプラットフォーム内でスマートコントラクトによる安全な取引を行うことができます。

「HedgeTrade(ヘッジトレード)」の概要

通貨名/通貨単位HedgeTrade/HEDG
公開日2017年10月
最大発行数1,000,000,000 HEDG
ホワイトペーパーhttps://hedgetrade.com/pages/sign-up
公式サイトhttps://hedgetrade.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/hedgetradehq
公式テレグラムhttps://t.me/HedgeTradeHQ
購入可能取引所Bancor Network,CoinExchange,CoinTiger,OEX,STEX

「HedgeTrade(ヘッジトレード)」は仮想通貨取引の知識をプラットフォーム内で共有し、利用者がより多くの利益を上げるためのプロジェクトです。

アップロードしたデータをトレーダー同士で共有したり、自分の知識を販売・交換したりすることでプラットフォームに貢献することができ、それらのデータは全てスマートコントラクトによって安全な契約がなされます。

共有されるデータはブロックチェーンによって安全に暗号化されて管理されており、悪質な第三者に改ざんされたりするリスクが非常に少ないです。

トレーダーによって投稿されたデータは一定の信憑性を保つため、ステークモデルと呼ばれる説明責任があり、不安定な情報は評価が下がり利益が得られません

「HedgeTrade(ヘッジトレード)」の特徴

予測を超える取引体験

「HedgeTrade(ヘッジトレード)」が提供する予測取引は、従来のプロジェクトが提供するものよりもっと高水準であるとしています。

プロジェクトは従来の予測プラットフォームが抱える下記のような問題点の指摘しており、これらのソリューションとなることを目的にしてます。

・ソースの信頼できる取引予測が不確定
・信頼できる情報の維持のための説明責任
・技術的に情報を守る方法が少ない

ブロックチェーン技術が登場したことで、ソースの信頼性を担保することがより容易になりました。

取引予測市場は需要も高いので、こういった業界の問題に対して意識の高い投資家の注目度は高いです。

いつでもどこでも利用できる予測取引所

「HedgeTrade」はパソコンかスマホがあれば参加することができる予測取引所です。

公式サイトによると、世界クラスのトレーダーによって大きな利益を上げることができるユーザーフレンドリーなプラットフォームと紹介されています。

特徴としては下記の4つが挙げられます。

・初心者、専門家問わず使うことができる
・あらゆるデバイスから最先端の技術へアクセス
・リアルタイムデータと市場の計測、予測
・超高速の処理速度

「HedgeTrade」ではブロックチェーン技術に加え、スマートコントラクトによって安定したこれらのプロダクトを提供できるとしています。

アマチュアトレーダー向けの仕組み作り

「HedgeTrade」は、主にアマチュアトレーダーが一般的なエキスパートトレーナーと同じように取引ができる環境を整えようとしています

アマチュアトレーダーとエキスパートトレーナーの大きな違いは過去の資料データを正しく利用することができないという点です。

多くのアマチュアトレーダーはそもそも過去の市場データにアクセスする権限を持たず、とりあえずは間の情報交換などでそれらのハンディキャップを克服してきました。

しかし「HedgeTrade」を使えば多くのトレーダーがプラットフォーム上に過去の市場予測データや実際に予測が正しかったかどうかを記録しておくことができます。

このデータを得たい人は仮想通貨によって課金することで、簡単にその情報を閲覧することができます。

もしデータが間違っていれば、仮想通貨による返金にも対応しています。

また信頼を維持するために情報の提供者はその手形のソースにおいて説明する責任を持ち、ソースのないデータは評価が低く購入者が現れないような仕組みになっています。

この仕組みによって「HedgeTrade」ではプラットフォームのデータを信頼性の高いものに維持しています。

「HedgeTrade(ヘッジトレード)」まとめ

今回はブロックチェーンとスマートコントラクトを用いて、取引データの予測を行うプラットフォーム「HedgeTrade」をご紹介してきました。

ブロックチェーン技術の登場によって、より多くのビックデータを安全に関することができるようになり、「HedgeTrade」のような統計学に基づいたプロジェクトは今後もたくさん登場しそうです。

一方で「オーガーなどの知名度の高いプロジェクトはライバルなので、今後どのような展開をしていくのかに注目が集まります。