公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Waltonchain(ワルトンチェーン)」RFIDとブロックチェーン技術を使って、商品管理をより円滑に行うプロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Waltonchain(ワルトンチェーン)」は商品管理に使われるRFIDとブロックチェーン技術を組み合わせたプロジェクトです。

プロジェクト名のWalton(ワルトン)は、RFID技術を生み出したチャーリー・ワルトン氏にちなんで名付けられました。

「Waltonchain(ワルトンチェーン)」の概要

通貨名/通貨単位Waltonchain/WTC
公開日2017年9月
最大発行数70,000,000 WTC
ホワイトペーパーhttps://www.waltonchain.org/en/white_paper
公式サイトhttps://www.waltonchain.org/en/
公式ツイッターhttps://twitter.com/Waltonchain
公式テレグラムhttps://t.me/waltonchain_en
購入可能取引所Allbit,Alterdice,Binance,BiteBTC,Bithumb,Bitrue,Coinnest

「Waltonchain(ワルトンチェーン)」は商品管理の用いられるRFIDとブロックチェーン技術を組み合わせたプロジェクトです。

RFIDとはsuikaや実物商品などにつけらるタグに使われている情報を管理するチップのようなものです。

RFタグ生専用の機械によって読み取ると、その商品の流通経路や値段などが分かり、やり方によっては類似商品や値段比較なども行うことができます。

「Waltonchain」はこのRFIDと言う技術と、ブロックチェーン技術を組み合わせて独自のネットワークを形成しようとするプロジェクトで、従来の商品管理をさらに高品質に、また安全に行うことを目的にしています

今回はそんな「Waltonchain」について詳しくご紹介していこうと思います。

「Waltonchain(ワルトンチェーン)」の特徴

従来のRF IDタグの問題点

今までもRFIDは様々な場所で使われてきました。
商品ごとにつけられているバーコードとは違い、まとめてスキャンし商品を管理することができるのでとても便利なのですが、下記のような問題点があります。

・システム面でのコストが高い
・悪質な第三者がデータを改ざんしやすい

タグ自体の価格はそこまで高くはありませんが、管理するシステムに専門知識が必要で人材が限られていること、またバーコードに比べシステム開発費が高いなどの問題点があります。

そのためバーコードを始めとする従来の商品管理システムなどに比べ全体的な導入コストが高くなりがちです。

また商品の状態が変わりやすい市場などでは中のデータを書き換えることが頻繁に行われており、悪質な第三者による改ざんも容易です。

RFIDとブロックチェーン

上記のような問題に対して「Waltonchain(ワルトンチェーン)」では、RFIDにブロックチェーン技術を組み合わせてソリューションを提供します。

「Waltonchain」ブロックチェーンは記録された取引情報などを暗号化、分散化して管理することができます。

RFIDに書き込まれている商品の情報をブロックチェーンによって管理すれば、権利を持つ利用者にしか中の情報変更することができず、悪質な第三者、ハッカーなどによって改ざんされる恐れもありません。

システムを維持するためのコストが非常に安くなり、結果として企業が自社商品に導入しやすくなります

また、「Waltonchain」では複数のチェーンによって商品を管理する仕組みがあります。

これによって商品カテゴリと在庫管理を別々のチェーンによって管理することが可能で、よりスムーズに商品の追跡等を行うことができるようになります。

複数のチェーンを利用することで、商品を扱う企業が業種や分野によってブロックチェーンを自由にカスタマイズすることが可能で、どんな市場においても柔軟な商品管理環境を提供します。

独自トークンWTC

「Waltonchain」が発行する独自トークンWTCは、ブロックチェーン上で管理される商品の購入などに使うことができます。

使われる市場によってはWTCを使うことによるディスカウントが受けられるものもあるようです。(具体的な商品名等は確認できませんでした…)

また、物とインターネットをつなげるIoT分野の仕事量や品質に関する情報を数値化する測定機として用いられることもあり、「Waltonchain」プラットフォームにおいてWTCによって取引された商品を簡単にリスト化することができます。

また「Waltonchain」のネットワークに参加している利用者は、5000WTC以上保有している場合、マスターノードになることができます。

マスターノードとはメインチェーンのネットワークをサポートする役割を持つ利用者で、保有しているWTCトークンの量に応じてインセンティブが与えられます。

「Waltonchain(ワルトンチェーン)」まとめ

今回はRFIDとブロックチェーン技術を使って商品管理をよりスムーズに、かつスマートに行う「Waltonchain」プロジェクトを紹介してきました。

ブロックチェーン技術によって実物商品の管理を容易にするという仕組みは、非常に幅広い需要が期待できます。