第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

SkyCoin(スカイコイン)は次世代の仮想通貨!

この記事は、ミックラックさんから寄稿頂きました。

SkyCoin(スカイコイン)はビットコインやイーサリアムに次ぐ、次世代の仮想通貨と注目され、将来性も含めて投資対象として魅力的な一面を持つとされています。あまり聞き慣れない仮想通貨で、その内容が気になるところです。ここでは、SkyCoin(スカイコイン)とはどのような仮想通貨なのか、ビットコインとイーサリアムとは何が違うのか、将来性などについて、解説していきます。

SkyCoin(スカイコイン)の特徴

SkyCoin(スカイコイン)は第3世代の仮想通貨すが、前世代と何が変わっているのか気になるところですよね。すでにCryptopia(クリプトピア)に上場しており、日本円にして現在3千円に届くほどで、価値が高いといっても過言ではないでしょう。

前の世代はどのようなものなのか?

世代と言っても色々ですが、ブロックチェーンを応用した技術と例えるとわかりやすいかもしれません。

初代である第1世代はビットコインに相当し、仮想通貨1.0、ブロックチェーン1.0を意味します。お金として、通貨としての機能を持ち、買い物などの分野に応用することができます。

第2世代はイーサリアムに相当し、仮想通貨2.0、ブロックチェーン2.0を意味します。お金以外の金融分野、株式やローンやクラウドファインディングなどに利用することができます。

第3世代の仮想通貨は、仮想通貨3.0、ブロックチェーン3.0を意味し、お金や金融以外に、健康や科学など、あらゆる分野に応用できるように目指していくものです。

SkyCoin(スカイコイン)は第3世代の仮想通貨を目指し、我々日本人だけでなく全世界の人々の生活を豊かにすることを目指しているのではないかと考えています。しかし、知名度があまりないというのがデメリットのひとつです。

どのようなサービスが提供される予定なのか?

SkyCoin(スカイコイン)は、取引手数料が無料だけでなく、数秒という高速で無限の取引が可能です。無料オープンインターネットをサポートするという機能を持ちます。サービスはSkyCoinだけでなく、SkyWire、SkyMiner、オベリスクがあります

SkyWireとは?

SkyWireは次世代のインターネットですが、具体的に説明すると、匿名の分散型メッシュインターネットです。ブロックチェーン技術を応用しているので、プロバイダーという概念が存在しません。管理者がいないのでプライバシーが守られているということです。

SkyMinerとは?

SkyMinerはバックボーンで、SkyWire用のハードウェアに当たります。それだけにとどまらず、きちんとした精密機器があり、それがマイニングの役割となっています。しかし、仮想通貨ユーザーの方々は、SkyCoinのマイニングが絶対に不可能です。

オベリスクとは?

SkyCoinの最大の特徴とも言うべきオベリスクですが、これは合意検証システムとなります。コンセンサスアルゴリズムという内容で、コンセンサスは「合意」、アルゴリズムは「方法」、このふたつを組み合わせると、「合意方法」となります。

マイニングは存在しませんが、ブロックチェーンの安全性を確保して汎用性を高めています。SkyCoinは、これらのサービス、もしくは機能で成り立っているというわけです。

SkyCoin(スカイコイン)の概要

特徴だけでも投資対象としては十分な魅力を持ちますが、その他のスペックや内容などが気になるところです。しかし、本当に気になっているのは、SkyCoin(スカイコイン)を扱っている取引所がクリプトピアのみなのかが気になります。

SkyCoin(スカイコイン)のスペック

通貨記号SKY
正式名称SkyCoin(スカイコイン)
発行枚数731万枚(2018年1月28日時点)
発行上限1億枚
マイニング方式マイニング自体がない
開発者(チーム代表)Synth(SkyCoinの設計者にしてプロジェクトリーダー)
開始日2013年12月23日

関連リンク

公式サイト:http://skycoin.net/
ソースコード:https://github.com/skycoin
Blockchain Explorer(取引詳細):http://explorer.skycoin.net/
ホワイトペーパー:https://github.com/skycoin/whitepapers
Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=380441.0
チャート:https://www.coingecko.com/ja/%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3/skycoin#panel
Twitterアカウント:@Skycoinproject

SkyCoin(スカイコイン)の注目ポイント

SkyCoin(スカイコイン)の注目ポイントはマイニングがないところです。その理由は、価格の維持と価値の上昇を助けていると考えています。マイニングは対象の仮想通貨を掘り出すのですが、掘り出せない以上、その分の価値が高くなるというわけです。

加えて、次世代のインターネットの構築を目指すという目標を抱き、それが実現すれば、日本及び全世界の人々の生活が豊かになることに期待が持てるでしょう。

SkyCoin(スカイコイン)のNGポイント

NGポイントはほとんどありませんが、強いて言うなら、SkyCoinを扱っている取引所がクリプトピアのみとなっているところです。なぜクリプトピアのみしか扱っていないのかは不明ですが、当時は草コイン同然の値段だったのが理由かもしれません。

これだけの価値があるのなら、他の取引所に上場しても不思議ではないのですが、現在の時価総額ランキングは123位(2018年1月28日時点でCoinGeckoが参照)となっているので、他の取引所の上場に期待が持てますね。

総合した主観

SkyCoin(スカイコイン)は、第3世代の仮想通貨の構築を目指すことが目的ですが、クリプトピア以外の取引所に上場していないのが、唯一の欠点と言えるでしょう。

投資対象としての魅力は高いですし、将来性も大きな期待を持てるので、近いうちに他の取引所に上場するのではないでしょうか。日本の取引所に上場するのも時間の問題だということです。

買い方

ビットフライヤーなど国内の取引所でビットコインを購入してクリプトピアに送金して、そのビットコインでSkyCoinを購入します。現時点でこの方法しか購入できません。

SkyCoin(スカイコイン)は将来性に大きな期待を持つ

SkyCoin(スカイコイン)は将来性があり、我々の生活を豊かにしてくれることに大きな期待を持っています。実現不可能に等しい計画性なのですが、現実にコツコツと積み重ねているので、理想を現実にするのに努力を重ねています。

現在、世界各国は仮想通貨の取引を規制または禁止を検討して、すでに実施されているところはありますが、日本は仮想通貨大国です。その日本の国内取引所に上場されたら、その真価が発揮すると予想されるでしょう。