公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「botXcoin(ボットエックスコイン)」自動取引ボットを利用した金融取引!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「botXcoin(ボットエックスコイン)」は、誰でも手軽に金融取引を行うための取引ボットを提供するプロジェクトです。
収益性の高い取引ボットは、利用者が取引に関する知識を持っていなくても手軽に参加することが出来ます。

「botXcoin(ボットエックスコイン)」の概要

通貨名/通貨単位botXcoin/
公開日2015年1月
最大発行数5,000,000,000 BOTX
ホワイトペーパーhttp://botxcoin.com/wp-content/uploads/2018/11/Whitepaper-botXcoin-4.pdf
公式サイトhttps://botxcoin.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/botxofficial
公式テレグラムhttps://t.me/botxcoin
購入可能取引所P2PB2B,LATOKEN

「botXcoin(ボットエックスコイン)」は取引ボットを利用して、誰でも金融取引に参加できる環境を作るプロジェクトです。

独自の人工知能(AI)を用いて、過去のチャート情報や関連する企業・プロジェクトの評価、投資家からの情報などを合わせて自動的に取引を行うボットの提供を行います。

特定のプラットフォームに依存せず、より収益率の高い取引所を選ぶことができたり、専用のアプリケーションを用いて簡単に利用することが可能です。

特殊な取引ボットサーバーがあり、複数の仮想通貨取引所でそれぞれの独自トークンと交換できるのも特徴的です。

登録されている20以上の取引所から最も収益率の高いペアを測定し、一つの取引で複数のペアとの交換が行えるなど、利便性も高いです。

今回はそんな「botXcoin」について具体的にご紹介していきたいと思います。

「botXcoin(ボットエックスコイン)」の特徴

投資家資産の保護

「botXcoin」は投資家の資産を預かり、自動的に取引を行うボット提供プロジェクトです。
最も大きな目的は、知識のない投資家でも投資で大きな失敗をせず安定した資産運用を行えるようにする、いわゆる投資資産の保護です。

そのために「botXcoin」では、取引ボットをよりマルチな環境で提供します。

・収益性の高さを計測

「botXcoin」の対応している20の取引所の中から、最も収益性が高い取引所を常に調査しています。
「botXcoin」を取り扱っている取引所であれば、即座に資産を「botXcoin」に変えるなどの方法も可能です。

・専用のロボット取引アプリケーション

「botXcoin」では、利用者が投資以外の知識がなくても簡単に利用できるよう、シンプルかつ高機能な専用アプリケーションを提供しています。

取引情報の確認はもちろん、優先的に取引したい通貨を設定しておくと、前述した収益性の高い取引所で最適なタイミングで取引を行います。

・人口知能(AI)による自動的な取引条件の更新

投資に関する知識が無い場合でも、AIが過去の取引データなどから独自の取引スケジュールを組み、投資を行います。
そのため利用者は余計なことを学ばずに取引ボットを利用することが出来ます。

取引ボットによるメソッド

「botXcoin」では、ペアリングの内容や取引情報を独自のメソッドによって解析し、実際のボット取引に応用しています。
公式サイトによると、大まかに言えば下記のようなメソッドを実行しているようです。

・単一の交換で3ペアの組み合わせを実行
・複数の取引所間でペアリングを行う
・複数の取引所と裁定取引(アービトラージ)のペアリングを行う
・20の取引所を比較して入札を行う

裁定取引(アービトラージ)とは、同価値の金融商品に一時的な差が発生した場合により高値のついた方を購入し、両者の価格が同じになった時に売るという手法です。

非常にリスクの少ない取引方法ですが常にチャートを見ていなければならないというデメリットがあります。
ボットが自動でこの処理を行ってくれるというのは、他の取引サービスと比べた時の明確なアドバンテージと言えます。

最終的にはマルチな仮想通貨取引所の創設

「botXcoin」プロジェクトの最終目的は、マルチ仮想通貨取引所「BOTXPRO」を創設することです。

現在、「botXcoin」はイーサリアムベースのERC-20トークンですが、早期に世界中の主要通貨との直接交換を可能にするアプリケーションをリリースするとしています。

「BOTXPRO」のサービスが本格的に始動すれば、アプリケーションを使ってより収益性の高い取引を行うことができるようになるんですね。

今後どのような展開を行っていくのかに注目が集まっており、ロードマップの更新が待たれます。

「botXcoin(ボットエックスコイン)」まとめ

今回は誰でも金融取引に参加できるようになる取引ボットプロジェクト「botXcoin」をご紹介してきました。
従来の金融取引では実際の取引だけではなく、利用するサービスなどの勉強なども必要で非常にハードルが高かったです。

ブロックチェーン技術の発達によって、収集するデータやボットシステムの精度も上がってきており、今後こういったサービスは主流になりそうです。
今後どのような展開を行っていくのか非常に楽しみですね。