公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Moepheus Network(モルペウスネットワーク)」従来のサプライチェーンをより効率的にするプロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Moepheus Network(モルペウスネットワーク)」は非効率なサプライチェーンを改善するためのオートサプライチェーンプラットフォームサービスです。

ブロックチェーンの登場によって、プライチェーンに関連するプロジェクトは増えつつありますが、「Moepheus Network」は中でもモノの流れを追跡・監視することに特化しているという特徴をもちます。

「Moepheus Network(モルペウスネットワーク)」の概要

通貨名/通貨単位Moepheus Network/MRPH
公開日2017年12月
最大発行数47,897,218 MRPH
ホワイトペーパーhttps://morpheus.network/about/
公式サイトhttps://morpheus.network/
公式ツイッターhttps://twitter.com/morphcrypto
公式テレグラムhttps://t.me/themorpheusnetwork/
購入可能取引所Bancor Network,Hotbit,IDAX

「Moepheus Network(モルペウスネットワーク)」は、グローバルなサプライチェーンにおける様々な問題点を解決するためのプロジェクトです。

サプライチェーンとは商品の生産から消費までのプロセスのことで、現在の仕組みには様々な問題点が指摘されています。

「Moepheus Network」はそういったサプライチェーンの問題点を解決し、より健全かつ安全なサプライチェーンを国や資金の差がなく様々なビジネスに利用できる環境を整えます。

ブロックチェーン技術が登場したことによって、従来のサプライチェーンの問題のソリューションについての議論が多くなってきました。
常に需要が高い分野ですし、投資家からの注目度も高いプロジェクトと言えます。

今回はそんな「Moepheus Network」について詳しくご紹介していきたいと思います。

「サプライチェーンの問題点」の特徴

サプライチェーンの問題点

現在、サプライチェーンにはまだまだ多くの問題が残されています。
長年問題点として掲げられてきたもので、今まで根本的な解決策が見つからなかったものも多いです。

・管理側の問題

サプライチェーンの問題点の多くは、企業側の管理体制が古いシステムのままになっている部分が大きいです。

例えば、従来のサプライチェーンは透明性が低く、企業の管理者や担当する少数の人物が少し手を加えるだけで、簡単に商品の生産地や成分の偽装が行えるという問題があります。

また、そういった問題が発生した場合に隠ぺいすることも容易で、消費者や監査側が見抜けないことの方が多いです。

また、高品質なサプライチェーンと考えると、商品によってはシステム構築に多くのコストが必要になる場合もあります。

それが原因で新たな技術を導入することができず、日本でもいまだに紙ベースの商品管理を行っている企業もあるのだとか。

・国ごとの最適化の問題

グローバルなサプライチェーンでは、輸入・輸出の際に複数の国の規制に対応しなければなりません

当然国によって細かな規制は異なりますから、国ごとに異なる仕組みを用意するとコストもかかりますし、多くのビジネスを逃してしまうという結果になりやすいです。

AIとブロックチェーンによるソリューション

「Moepheus Network」は、上記で説明した様々な問題点を解決するため、サプライチェーンに人工知能(AI)を使った最適化・ブロックチェーンを使った透明性をもたらします

具体的には、下記のようなソリューションをもたらすことができます。

・問題が発生したときに追跡が可能

「Moepheus Network」はサプライチェーン上の様々な情報をすべてブロックチェーン上に保管します
そのため、問題が発生したときにトランザクションデータや商品管理データから即追跡することができます。

・国ごとの規制に柔軟に対応

「Moepheus Network」は仮想通貨とブロックチェーンによる管理によって、国ごとの規制に柔軟に対応することができます

また、契約の履行を自動的に行うスマートコントラクトを用いて契約管理を行っているため、複雑なトランザクションを正確かつ安全に行うことができます

・スケジュール管理ソリューション

「Moepheus Network」では人工知能(AI)を用いて、物流のあらゆる情報をリアルタイムに共有することができます

例えば輸出する際の天候や物流におけるあらゆる統計、その他価格情報などを共有し、スケジュールや流通量などを考えることができます。

・決済ソリューション

仮想通貨によって、国際的な決済にも柔軟に対応することができます。
それらのトランザクションデータもブロックチェーン上に書き込まれているため、不正や間違いがあった時にもすぐに対応することができます。

「Moepheus Network(モルペウスネットワーク)」まとめ

今回はサプライチェーンの様々な問題を解決する「Moepheus Network」をご紹介してきました。

長い間問題が放置されていた側面もあるサプライチェーンへのソリューションは、今後多くの事業者にとって大きなソリューションとなります。

今後どのように発展していくのか非常に楽しみですね。