公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「F1®Delta Time(エフワンーデルタタイム)」F1が公式で開発!マシンとドライバーを手に入れてレースを楽しむブロックチェーンゲーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「F1®Delta Time(エフワンーデルタタイム)」はゲーム開発会社Animoca(アニモカ)とFormula1(F1)が提携して開発したブロックチェーンゲームです。
ゲーム内容はいわゆるレーシングゲームではなく、ゲーム内のアセット(マシンやドライバー)を購入して育成・カスタマイズ等を楽しむシュミレーションゲームになっています。

「F1®Delta Time(エフワンーデルタタイム)」の特徴

開発Animoca
リリース日2019年
公式サイトhttps://www.f1deltatime.com/?lang=ja
公式ツイッターhttps://twitter.com/f1deltatime
ホワイトペーパーhttps://www.f1deltatime.com/wp-content/uploads/2019/06/F1-Delta-Time-White-Paper-v1.0-Comp.pdf

「F1®Delta Time(エフワンーデルタタイム)」はマシンやドライバーを購入してレースを楽しむブロックチェーンゲームです。

最近、ブロックチェーンゲーム分野に進出したとして注目を集めたゲーム開発会社Animoca(アニモカ)がメインの開発を行い、世界で最も人気のモータースポーツと呼ばれるF1が共同開発者となっています。

F1と言えば、毎年400万人の観客動員数を誇る世界的なビッグスポーツですよね。
「F1®Delta Time」はそんなF1が全面的に打ち出されたブロックチェーンの中でも大きなタイトルと言えます。

ゲーム内容はマシンの作成やドライバーの育成など、いわゆるシュミレーションゲームになっています。
ゲーム内のアセットは全てブロックチェーン上に保管されているため改ざんされるリスクが少なく、完全にプレイヤーの資産となります。

マシン・ドライバーについて

イーサリアムベースのERC-721、ERC-20トークン

ゲーム内のアセット(マシン、パーツ、ドライバーなど)は、全てイーサリアムのERC-721とERC-20に準拠したトークンになります。
そのため手に入れた瞬間からプレイヤーの資産となり、ゲーム内外で取引をすることができます。

トークンは全てイーサリアムのブロックチェーン上に書き込まれるため非常に安全で、改ざんや盗難のリスクが非常に少ないです。

ゲーム内のアセットの量は、発行されたトークン量に応じて変化するため、アセット個々の希少性は常に担保されています。
そのため同じ名称のアセットを入手しても、それが同じステータスではありません。

ゲームを左右するマシン・ドライバー

直接ゲームに影響するマシンやドライバーには、下記のようなステータスが設定されています。

マシンステータス

・Maxspeed(最高速度)
・Acceleration(加速度)
・Grip(グリップ)

ドライバーステータス

・Recovery(復帰度)
・Technique(技術)
・Stamina(スタミナ)

これらのステータスはマシンにはパーツ、ドライバーには衣装と呼ばれるアイテムによって強化することができます。
パーツや衣装もマーケットなどで購入したり、ボックスによってランダム排出されます。

報酬を獲得できる手段が豊富

 

「F1®Delta Time」の特徴の一つとして、他のブロックチェーンゲームと比べて多くの報酬獲得チャンスが用意されているという面です。
報酬を獲得する機会でもっとも多いのは、レースへの参加とマーケットでのアセット売買です。

レースへの参加

レースへの参加には費用が必要されますが、その費用は上位入賞者に分配されます
より強いプレイヤーであるほど多くの報酬を得ることができ、マシンを強化しやすいということですね。

マーケットへの売買

入手したアセットは、ゲーム内に設置されているマーケットで自由に販売することができます。
ある程度自由に値段を設定することができ、ボックスなどの入手を行う事が出来ます。

「F1®Delta Time(エフワンーデルタタイム)」まとめ

今回はAnimocaとF1が共同開発した「F1®Delta Time」をご紹介してきました。
野球や競馬など、数々のスポーツがブロックチェーンゲームに参入してきましたね。
スポーツが絡むタイトルは人気になりやすいので、投資面で見た時も是非チェックしてもらいたいです。

まだまだコンテンツは少ないものの、様々なアップデートを予定しており、今後の展開に注目したいですね。