公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Ember Sword(エンバーソード)」シンプルなゲーム性とハイクオリティなグラフィック!ブロックチェーンを利用したサンドボックスMMORPG!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Ember Sword(エンバーソード)」はSo Couchが開発中のブロックチェーンゲームです。
ブロックチェーンゲームとしては珍しいサンドボックス型のMMORPGで、ゆったりとした世界観と可愛らしいキャラクターが魅力です。

「Ember Sword(エンバーソード)」の概要

開発So Couch
リリース日現在事前予約受付中
公式サイトhttps://socouch.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/playembersword

「Ember Sword(エンバーソード)」は、So Couchが開発したサンドボックス型MMORPGです。

ゲーム内で取り扱われる様々なアセット(アイテムやキャラクター)は全てイーサリアムベースのブロックチェーンに書き込まれてトークン化されるため、プレイヤーの資産となります。

ゲーム内容はシンプルなサンドボックスとMMORPGを組み合わせたもので、プレイヤーはアイテムや土地を入手しながら他のプレイヤーと戦ったり、商売を行ったり出来ます

トークン化されたアセットはイーサリアムベースのERC-721、またはERC-20トークンなので対応する外部ウォレットに保管する事が可能です。

今回はそんな「Ember Sword」について詳しくご紹介していきましょう!

魅力的な世界観!ハイクオリティなゲームデザイン!

「Ember Sword」の最も大きな特徴は、一般的なゲームと比べてもなんら遜色の無いハイクオリティなゲームグラフィックです。
ブロックチェーンを使ったゲームが続々とリリースされる昨今ですが、So Couchでは一般的なゲーム作成と同じプロセスで専用のスタッフを雇っています。

アクションもスムーズでかっこいいですし、UIが見やすくプレイしやすそうなゲーム画面ですね。

ゲームアートはEdge Flowのビクタール・ビンシュタイン氏、音楽は2013年以降ゲーム業界の音楽を幅広く手がけるようになったジャニック・ダムヴィスト氏、脚本はカンヌにも出展経験があるサミュエル・ホートン氏が担当しています。

ゲームデザインには強いこだわりがあるようで、公式によるとハイクオリティなムービーゲームを、低スペックなデバイスでも楽しめるように尽くした」と発言しています。

ブロックチェーン上の本格MMORPG体験

ゲームとしては非常にシンプルな内容で、キャラクターを作成しモンスターやボス、他のプレイヤーを倒すことでアイテムや経験値を得ることができます。

クラスレス戦闘システムという、いわゆる役職のないシームレスな戦闘が特徴的で、直観的なプレイと奥深いゲーム性が魅力だと紹介されています。

プレイヤーが操作するキャラクターには多くのスキルが設定されています。

ー戦闘スキルー

・近接
・遠隔
・エネルギー

ーオブジェクトスキルー

・採掘
・家事
・釣り
・木版画
・収穫

これらのスキルを自由に育成しながらキャラクターの個性的を伸ばしていきます。

「Ember Sword」の世界でどのようなプレイを楽しんでも自由です。
戦闘の他にもアイテムを入手するための様々なスキルが存在し、プレイに幅を与えています。

ブロックチェーンゲームならではの売買要素

「Ember Sword」の世界に存在するあらゆるアセットは、全てプレイヤーの資産となり、自由に売買することができます
アセットはPIXELというゲーム内トークンで販売することになります。

中でもLand(土地)とアイテムカードは、このゲームを代表する商売の一つです。

土地(Land)

土地はプレイヤーがそれぞれ持つ領地のことで、巨大な城を建設して国家を作ったり、NPCを配置して敵プレイヤーにダンジョンとして遊んでもらうことができます。

また、所有する土地の中で鍛冶屋などを設置しておけば、他プレイヤーが利用してお金儲けもできちゃいます。

アイテムカード

「Ember Sword」の世界では、装備品などが全てカードによって管理されています。
このアイテムカードを組み合わせて新しいアイテムを生み出し、商売することでPIXELを得ることができます。

「Ember Sword(エンバーソード)」まとめ

 

今回はブロックチェーンを利用したサンドボックスMMORPG「Ember Sword」をご紹介させていただきました。
仮想通貨を用いたゲームの中でも、ここまで本格的なMMORPGはまだまだ少ないのが現状。今後どのように展開していくのか非常に気になりますね。