公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「RealTract(リアルトラクト)」スマートコントラクト2.0を採用した次世代プラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「RealTract(リアルトラクト)」はブロックチェーン4.0をベースに、契約の自動履行を行うスマートコントラクト2.0を採用した次世代プラットフォームです。
イーサリアムプラットフォームをよりユーザーフレンドリーな形で使いやすくしており、今注目が集まっています。

「RealTract(リアルトラクト)」の概要

通貨名/通貨単位RealTract /RET
公開日2018年8月
最大発行数24,600,000,000 RET
ホワイトペーパーhttps://realtract.network/file/Wp_Ret_v2_EN.pdf
公式サイトhttps://realtract.network/
公式ツイッターhttps://twitter.com/realtract
公式テレグラムhttps://t.me/realtractchannel
購入可能取引所IDAX,Coineal,Mercatox

「RealTract(リアルトラクト)」はブロックチェーン4.0をベースに、スマートコントラクト2.0を採用している次世代のプラットフォームです。

マルチレイヤー構造を持つプラットフォームは、レイヤー感の伝達にクロスチェーンを利用することでより処理性能の高いシステムになっています。

ブロックの承認を行うコンセンサスアルゴリズムにはProof of Stake (PoS)、Proof of Truth (PoT)、 Proof of Result (PoR) の三つを採用しており、よりセキュリティレベルを上げてブロックチェーンの情報の価値を常に担保し続けます。

従来の決済サービスの代替手段としてだけではなく、ファイナンシャルサービスやサプライチェーンの追跡、IoT分野など様々なユースケースが想定されており、非常に汎用性が高いプロジェクトと言えます。

今回はそんな「RealTract」について詳しくご紹介していきたいと思います。

「RealTract(リアルトラクト)」の特徴

無限のスケーラビリティ

「RealTract」はブロックチェーン内にDAGプロコトルのアプリケーションを導入しています。

DAGは有向非巡回グラフと呼ばれるブロックチェーンとは異なる技術基盤を持った構造を持ち、大きな特徴としてはブロックチェーンのように直線状ではなく複数に分岐してトランザクションを処理することができます

向きがあるため巡回性を持たないことと、ブロックチェーンのように1ブロックごとのサイズによる制限がないため、より効率的な処理が行えます。

一方でセキュリティ面ではブロックチェーンと比べると脆弱性があるとも言われており、「RealTract」ではブロックチェーンの中にこのDAGプロコトルアプリケーションを加えることでブロックチェーンの拡張性を担保しつつ、両者の弱点をカバーする仕組みを取っています。

こういった構造を持った「RealTract」の処理効率を、公式では「無限のスケーラビリティ」として紹介しています。

「RealTract」の目的・理念

「RealTract」では下記のような目的・理念を掲げています。

既存のシステムの運用効率の改善

「RealTract」は実際のアプリケーションに適用されているブロックチェーンです。
そのため従来のものに比べて理解しやすく、アクセスしやすい技術の提供に重点を置きます。

ブロックチェーンビジネスの長期的なサポート

「RealTract」のもたらすソリューションは、ICOやクラウドファンディングアクティビティなどを開催していません。
プロジェクト自体の収益性を高めるとがビジネス利用に最も重要なことと考えています。

グローバル業界への発展

「RealTract」は最終的な目標として、改善が必要な従来のブロックチェーンビジネスをサポートし、グローバル業界へ発展させることです。

「RealTract(リアルトラクト)」まとめ

今回は様々なユースケースで利用できる次世代プラットフォーム「RealTract」をご紹介してきました。
ブロックチェーン技術が注目されるようになってから様々なプラットフォームが誕生しましたが、実際に既存の仕組みのソリューションとして浸透しているものはまだまだ少ないのが現状。

今後「RealTract」がどのように発展していくのか注目していきたいですね。