公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「9Lives Arena(ナイン・ライブス・アリーナ)」PvPで戦うブロックチェーンRPG!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

9Lives Arena(ナイン・ライブス・アリーナ)はプレイヤー同士で戦うブロックチェーンRPGです。
ヒーローと呼ばれるキャラクターを自由にカスタマイズし、世界中のプレイヤーと対戦しましょう!

9Lives Arena(ナイン・ライブス・アリーナ)の概要

「9Lives Arena(ナイン・ライブス・アリーナ)」はヒーローと呼ばれるキャラクターを操作してプレイヤー同士で戦うブロックチェーンRPGです。

ダークな世界観を少しコミカルなタッチで描く独特の空気感と、多彩な武器やスペル(呪文)などのカスタマイズ要素が豊富。

ゲーム最大の特徴は操作するヒーローが死んだ場合、そのヒーローは永遠にゲーム上から削除されるということ。そのため戦闘には常に緊張感があり、戦術を練るプレイヤ―の技量が試されます。

またゲーム内では、後述するとある方法を用いてアイテムなどを自動で収集する仕組みがあり、これを実際に販売して収益を得ることができます。

フル3Dで描かれるハイクオリティなグラフィックと多彩なゲーム性、現実的な収益性は、に大きな注目を集めています。

今回はそんな「9Lives Arena」について少し詳しくご紹介していきましょう。

死んだヒーローは永遠に蘇らない

まず「9Lives Arena」の最も特徴的なシステムが、死んだヒーローは永遠に蘇ることがないというものです。

一般的なRPGの場合、回復や蘇生をする手段が用意されていて、プレイヤーは何度もゲーム内キャラクターが倒される瞬間を目にすることになります。

しかし「9Lives Arena」のヒーローはライフが無くなれば永遠に復活することが出来ず、その情報はブロックチェーンに書き込まれるため改ざんすることもできません。

また、ヒーローが死んだ時に装備していた防具や武器も全て失われます。このシステムがプレイヤーの緊張感を高めているんですね。

しかし一方で、下記のような特徴も持ちます。

・ヒーローが死んだら、新しいヒーローを取得可能

・ゲームが進行していくほどヒーローの取得は簡単に

・今後のアップデートで、死んだヒーローによるバトルロイヤルを予定

つまり、プレイヤーの持つヒーローがある程度死ぬことを前提にしてコンテンツが作られています。

ヒーローがいなくなってしまってプレイできないという事もなく、今後死んだヒーローを使ったコンテンツも予定されているという事で、ゲーム性の幅は非常に広いですね。

自動でアイテムを集めてくれるOoogy

「9Lives Arena」にはOoogyと呼ばれる、ヒーローのサポートを行うキャラクターがいます。

あまり可愛いキャラクターとは言えませんが(笑)、Ooogyはプレイヤーが「9Lives Arena」に参加していない時に、自動的にアイテムを集めてくれる心強いキャラクターです。

ヒーローと違い死ぬことはなく、一生ヒーローとプレイヤーのために働いてくれます。Ooogyはスマホによって外出先でも指示を与えることができ、仕事中や睡眠時間に勝手にアイテムを集めてきてくれます。

入手したアイテムは実際に仮想通貨などで販売することができ、そのアイテムを使ってヒーローを強化することも可能です。

公式によるとOoogyの種類は2億通りの遺伝子を組み合わせることで非常に多くの種類がいるのだとか。

ERC1155トークン

ゲーム内のヒーローやOoogy、アイテムなどのアセットデータは、全てブロックチェーン上に書き込まれ、永遠にプレイヤーの資産となります

それらのアセットデータはイーサリアムベースのERC1155という規格に準拠したトークンとなります。

ERC1155トークンは、これまでブロックチェーンゲームの主流であったERC20とERC721の特徴を併せ持つハイブリッドトークンと言われており特徴は下記の通りです。

・ゲーム内アセットデータの一括交換が可能

・複数のプレイヤーにトークンを一括送信できる

従来のトークンだと、例えばゲーム内でアイテムを使用・紛失する処理が起きた場合、アイテム一つ一つに検証を行ってトークンをバーンしていました。

ゲーム内では、例えばボス戦など大量にアセット(アイテムなど)を消費する場合、それだけブロックチェーンに大きな負担をかけてしまいます。

しかしERC1155であれば、条件を分岐させて処理することでアイテムのバーンや入手の際にコントラクトを行うことができるため全体的な処理性能が落ちることがありません

ゲームの処理性能の高さはそれだけプレイしやすい環境を提供することにつながります。

「9Lives Arena」まとめ

今回はブロックチェーンRPG「9Lives Arena」をご紹介してきました。
海外では少しづつプレイヤー人口が増えつつあり、専用の攻略サイトのようなものもあらわれました。Ooogyによる自動アイテム収集など独自性のあるシステムも魅力的で、あまりゲームする時間がないというプレイヤーにもお勧めできます。
多くのアップデートを予定しているので、今後どのように展開していくのかに注目したいですね。